FC2ブログ
アムステルダム 双璧旅団

生存か消滅か!・・・どうなる、この商会・・・

スポンサーサイト --/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決して楽じゃなかった大航海時代の船旅  その2 07/04

大変だったのは乗客も例外ではありませんでした。


今のように立派な船室などある筈もなく、大体は下層甲板に設けられたスペースに居ました。連絡船の船室には座席以外に必ずカーペット敷きのスペースがありますが、そういう感じの船室です。但し板張りで勿論カーペットなどという贅沢な物などありませんので、念のために。但し、特別な乗客には特別に個室が提供されていたようです。
また、当然ながら冷暖房は論外。食事も、下手したら自前が普通。
更には、船が無事に到着するという保障が全く無かった事。バルバリア海賊に船が拿捕されて、乗客が奴隷に売られた・・などという事はよくある話し。身代金が払える場合は返還されましたが。

有名なメイフラワー号の航海では、途中嵐に遭遇して大西洋を実に二ヶ月間迷走し、ようやく辿り着いた場所は・・実は予定外。当初の目的地とは違う場所でした。が、船員達は疲労困憊していて、そこから目的地へ航海する気力が既に無かった状態でした。
その当時は大西洋を横断する所要日数は平均14日。乗客があのピルグリムファザーズでなければ確実に全滅していた程の予定外の長期航海です。彼達は周到に準備して渡航に踏み切っていたから食料などの問題は無かった。しかし、航海中の環境は苛酷で、メンバーの一人であった老人が死亡しています。が、新しい命が航海中に誕生してもいました。
メイフラワー号は、ガレオンとしては小型の部類に入ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://souhekiryodann.blog80.fc2.com/tb.php/135-57527606

 | HOME | 

プロフィール

双璧旅団

Author:双璧旅団
DOL能登サバ 
アムステルダムの商会です。
国籍なんて関係ねぇ~^^

随時商会員を募集しております。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Cafe clock

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

リンク

フリーエリア

20061026125626.jpg

RSSフィード

ブログ内検索


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。